一より習ひ

「稽古とは一より習い十を知り、
 十よりかえる元のその一」なのだそう。
 和の世界をマイペースで巡る
 植田伊津子の徒然記です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< まったく、まったく…… | 冬の茶の湯における身体感覚 >>

実家でのお正月

新年明けましておめでとうございます。
皆さんはどのようにお正月を過ごされたのだろう。

わたくしは、わたくしの実家(兵庫県の香住)で弟妹家族たちと一緒に過ごすお正月であった。
さてもさても……であるが、ともかくにぎやかな数日でした。


30日 家族で餅つき。植田家だけの風習かもしれないけれど、29日は「9」のつく日にちなので、わが家はこの日を避けた前後で搗くことが多い。昔ながらの杵と臼での作業である。天気がよければ、青空の下、裏庭に臼を持ち出すが、今年は天気があまりよくなかったので、狭い土間で4、5臼ほど搗いた。
おせちづくりや掃除、ご飯ごしらえで一日が暮れる。長女であるわたくしの家、長男家、次男家、三女家の家族がこの日そろった。次女家のみ、3日の到着とのこと。
わいわいがやがやと、子どもたちはトランポリンをしたり、卓球台を出してきてトーナメントをしたり、家中を駆け回ったりして仲良く遊んでいる。



長男夫婦のお餅つき。搗き手と合いの手の調子が合わないと、ケガをしてしまう。わたくしは怖くて合いの手ができないが、長男嫁のユーコさんはわが家にお嫁に来たときから、上手にこなせる人だった。


お餅が搗けたらすぐに丸めて「松ベタ」に並べてゆく。これは昔から女の人の仕事。
わが家は鏡餅、お供え餅、白餅、栃餅、豆餅の種類をつくった。
栃餅は、栃の実を蒸して杵に一緒に入れて搗く。栃の独特な風味があり、あんこと相性がよい。こちらの地方では、主におぜんざいに入れ、それ以外には使わない。中にあんこを入れた栃餅をストーブで焼いて食べてもおいしい。
豆餅は、大豆入りで塩味。豆餅は、本来節分に搗くのがこちらの地方の風習だけれど、最近は節分に餅つきをすることが少なくなったため、今年はお正月に豆餅をつくった。これは丸餅にせず、のし餅につくって、あとで7ミリほどの厚さにカットする。
ふつう、お正月は白餅や栃餅。節分は豆餅や青のり、ゴマなどの風味豊かな餅というふうに、季節によって搗く餅の種類が異なる。


31日 おせち料理の最後の仕込みと飾り付けの日。朝から大雪となって、NHKニュースでも、何度もわが故郷の積雪量が表示されている。
この日の午後は、神棚、仏壇、お手洗い、台所など、家の各所にお供え餅を飾る。これは男の人の仕事。とくに「かみさん棚」は女の人が触ってはいけない場所なので弟や父の仕事だ。
夕刻、ちょうどアメリカから香住へきていた英語教師のアメリカ人女性が、日本の大晦日を味わうためにわが家へいらしたので、一緒に年越し蕎麦を味わった。みんなが、日本のよいところ、悪いところを質問攻めにする。
長男嫁ユーコさんと次男栄くんが英語がペラペラな上に、アメリカ人の彼女も日本語が上手いので会話に支障はないが、それでも除夜の鐘における「煩悩」をどう説明したらよいか、大人チームが頭をひねる。アメリカ合衆国の州の名前を順番に挙げるゲーム……は、わたくしはまったくお手上げ状態だった。
紅白歌合戦を見ながらみかんを食べて、まっとうなる大晦日を満喫。「小林幸子は『衣装』の範疇じゃなくて、ありゃ『美術』だわね」と、鶴に乗った姿を見ながら突っ込んだり……。


中庭の様子。雪の中、おせちに飾る椿や笹の葉をとりに外に出たのだけれど、足をとられそうになる。また反対側にある奥の庭の茶室前の中門が、この雪で埋まってしまった。まさかここまで降るとは……。

1日 9時、神棚の下、金屏風の御飾りの前で、父へ各家ごと挨拶をして、お年玉をもらう。今年喜寿の父は、孫にお年玉をやるのを楽しみにしているのだ。皆お正月なので、たくさん着込んでいながらも、少しあらたまった装いをするのがわが家の習い。子どもたちも多少きれいな恰好をさせる。
昼から長靴を履いてお出かけ。同級生と明るいうちからの飲み会である。昼ごはんを食べずに、いきなりジンを数杯お代わりしたら、その後の記憶がなくなった。
なんとか無事に家に帰り着いたらしいが、夜に予定していた別の宴会をパスして、蒲団に直行したようである。元旦から飲み過ぎた。


おせちは、タタキゴボウ、紅白なます、田作り、数の子、栗の渋煮、黒豆、玉子焼き、かまぼこ、高野豆腐、お煮しめ、棒鱈と小芋の炊き合わせ、ローストビーフ、昆布巻き、ぜんまい、シメサバ、柚子甘露煮などの他に、子供用に唐揚げやハンバーグ、コールスローサラダなど。写真は三女(5人弟妹のいちばん下)聖子と、その娘サチコ(2歳)とキイチ(6か月)。


手前から三女家のキイチ、次男家の長男ダイキくん(6歳)、長男家の長女菜々子(13歳)。こんなのがうじゃうじゃおります。

2日 長男家の姪と甥たちを連れて、地元のスキー場へ。ここ数日の積雪で雪の状態はすこぶるよく、リフトが止まる夕刻まで、ノンストップですべりっぱなしだった。
それにしても子どもたちとスキーがすべれるようになるなんて……成長がうれしい。スキーの上手い夫が、にわかスキースクール教師となり、子どもたちにパラレルを根気よく教える。上手くなりたい彼らの眼は真剣そのものである。わたくしも、列の末尾で子どもたちと一緒に習う。
帰宅したら、母たちが手巻き寿司をてんこもり用意していてくれた。日本海の甘エビやシメサバ、トロのヅケがたくさん。おいしい。


わが家から30分ほど山側(9号線沿い)に入ったところにあるオジロスキー場ときどき吹雪いたりもしたけれど、今年の初スキーを堪能。

3日 「遊んでばかりいないで、宿題をしなさーい」という大号令の下、小学生以上は勉強の一日。わが息子・亮司(13歳)は「書き初めをしよう」と、習字道具を万端用意して、さあ筆に墨を含ませて今まさに書こうという態勢で「なにを書くんだっけ?」。
なんと東京の自宅に手本を忘れて、なんの字を書けばよいのかわからないという。なんというマヌケ加減であろうか。皆で大笑いする。
午後に次女家が到着。ほんのひととき、機関銃のようにおしゃべりをしたのち、わが家(長女家)は東京への帰路についた。

さあ、2011年がはじまる! 今年もまた意義深い一年になりますように。

- | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by M@Seattle  at 2011/01/05 2:04 PM
明けましておめでとうございます
いっちゃん、香住での、大晦日・お正月の様子、楽しく読ませていただきました。
写真で見ると、香住は大雪だったようですね。
茶室横のお庭も、雪がすごくてびっくりしました。

聖子ちゃん、写真を見たとき、みっちゃんかと思いましたよ!

いっちゃんのところは、今でもお餅つきしてるなんて、すごい!!
やっぱり、つきたてのお餅が一番♪
栃餅は、独特の風味があって美味しいですよね。

日本のお正月が懐かしいです・・・。

Posted by 植田伊津子  at 2011/01/05 2:38 PM
まゆさん、明けましておめでとうございます。
香住はブログにも書いたとおり、30日晩からシンシンと雪がつもりはじめました。関西圏のNHKニュースを見ていたら、香美町がいちばんの積雪だったようです。

さて聖子ちゃんがみっちゃんに似ているって? 昔から姉妹の顔が何となく似ているといわれてきましたが、聖子はお母さん寄りの顔じゃないかな。みっちゃんはわたしより美人です。美顔器やらエステにお金かけてますよ(^_^;)(すごい!んだから)。

お餅つきは、なんとか続けています。やはりお餅を搗かないと、お正月という感じにならないですね。もう父は歳なので総大将の見回り役ですが、寿人くんや栄くんたち、そしてうちの夫や息子、義弟たちが代わりに搗いています。そしてそれを丸める女性軍、というのが毎年の風物詩となっています。

昔ながらのお正月のしきたりや準備をできるだけ続けていますよ(^_^)。
Posted by ももたろう  at 2011/01/08 11:54 PM
>聖子はお母さん寄りの顔じゃないかな

確かに!妹さんは見かけたことはあるかもしれないけど、それほど面識があるわけでないのに、とても見たことがある気がしたのは、お母さんの面影があるからなのね。女優さんみたいだー。

おもちつきも、家族が多いといいですよね。
うちの実家も10年程前までは細々と続けていましたが、台所をリフォームしたときに、臼や杵、松べたなどかさばるものたちを処分してしまったようです。おもちも元日と二日くらいまで食べたら飽きてしまって、ご飯とかうどんとか食べてあまり消費できないし。
懐かしい写真ありがとうでした。
Posted by 植田伊津子  at 2011/01/09 7:51 PM
>女優さんみたいだー。

聖子ちゃんに伝えておきます(笑)。

>おもちつきも、家族が多いといいですよね。

杵と臼のお餅つきは女手というより、男手が必要なんですよね。
うちはイマドキめずらしい5人弟妹で、そのうち男の子が2人いて、また正月は実家で家族で過ごす、正月準備をみんなでおこなう、ということを小さいうちから叩き込まれてきたせいなのか、まあなんとか続けていられるみたい。

わたしたちの子どもたちに、こうして皆で毎年お餅つきをするのを体験させることができて、ありがたいこっちゃ、と思います。

たぶん、それに餅が好きな家なんやろね。
姪の菜々子は、餅つき当日、丸めながら栃餅を6つ食べよったし。「あんた、えらい食べるなあ」とあきれながら声をかけると、デヘヘと笑いながら口にポイポイ入れてました。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: